オドレミンは妊娠中・授乳中でも使える?

妊娠前からオドレミンを使っていた人は、このまま使い続けていいものか気になりますよね。

また、妊娠中・産後に体質が変わって汗をかきやすくなった人は、オドレミンを使って汗を止めていいものか気になりませんか?

オドレミンに含まれている塩化アルミニウムが皮膚から吸収して胎児・赤ちゃんに影響を与えてしまわないか、とても心配ですよね。

安心してください。妊娠中・授乳中のどちらもオドレミンを使って大丈夫です。

オドレミンを妊娠中・授乳中でも使って良い理由

オドレミンに含まれている塩化アルミニウムは、使う量はほんの少しなので皮膚にはほとんど吸収されません。皮膚に吸収されないから母乳に移行することもありません。

オドレミンが母子に悪影響を与えることはないので安心して使ってくださいね。

産前・産後は体質が安定しない時期なので使用には注意

妊娠中や産後は、ホルモンや代謝の変化にともなって、体質が変わったと感じるケースは多いよう。アレルギーになってしまったり、逆に治ったり。予想外の体質変化はオドレミンにも当てはまるようです。

今までは平気だったオドレミンの刺激も、妊娠による体質の変化で受け付けられなくなったり、妊娠中は平気だったのに産後に使うとかぶれるようになった、という人もいますよ。使ってみて「おかしいな」と感じたら使うのをやめてくださいね。

私のオドレミン体験レポートはこちら

ページトップへ